2016年10月13日

かっぱえびせん中国上陸へ カルビー、味は

カルビーは9日、中国で年内にも「かっぱえびせん」などのスナック菓子を生産・販売すると発表した. 目標は5年以内のシェア10%獲得. 国内市場が低迷するなか、経済発展が続く中国市場に本格参入して成長を目指す. 12月をめどに、中国で「かっぱえびせん」や「サッポロポテト」を作って売り始める. じゃがいもの安定調達ルートを確立したうえで、「ポテトチップス」や「じゃがりこ」など、全カルビー製品に手をひろげる. 味は中国人の味覚に合わせたものにする. ナイキ SB マッキントッシュ」日本小松美保初の旗艦店が青山に カルビーは20年前から香港などで、地元向けの小規模な生産・販売事業をしているが、中国全土での販売に乗り出すのは初めて. 記者会見で松本晃会長は「大きく成長したい. 日本は人口が減っていくが、世界には70億人いる」と語った.
posted by SuzukiSeiko at 05:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: